SM・お仕置き小説ブログ

お尻叩きや浣腸、お灸等のお仕置きを中心とした「SM的」な小説を投稿します。

 千夏が正座して1時間が経過した。

(ずっと正座しているから足が痺れてきたわ)

 千夏が少しだけ足を崩したその時である。

 ビシッ!

 太腿に竹の笞が飛んだ。

「痛い!」

「足を崩すな」

 職員が怖い顔で命じた。

「すみません」

 その後は笞で打たれるのがイヤなのでじっとしていた。

(オシッコがしたい)

「あのう、トイレに行きたいのですが」

 職員は無言で廊下の端を指した。そこにはバケツが1個置いてあった。

「あの、トイレなんですけど」

「だから、あのバケツがお前達用のトイレよ」

「はい」

 千夏は立ち上がってバケツが置いてある所まで行った。バケツに排泄をするのは不本意だが、漏らすよりはマシである。彼女はバケツに跨って、職員や他の受刑者の前でオシッコを出した。

 ジョボジョボ

 恥ずかしさで顔が真っ赤になった。

(こんな目に遭うのもお母さんのせいよ。帰ったら、文句を言ってやるわ)

 千夏は母を恨んだ。排尿を終えた彼女は元の場所に戻って正座した。

つい最近まで、受刑者は正座したまま排泄行為をしなければならなかった。それと比べれば、だいぶマシである。

「野崎千夏」

 ついに自分の名前が呼ばれた。

「はい」

101号室に行きなさい」

「はい」

 千夏は立ち上がって101号室に向かった。ドアの上のランプが緑色になっている事を確認して、ノックした。ちなみに、赤色はお仕置き中である事を示している。

 コンコン

「はい」

 中から女性の声で返事があり、千夏はドアを開けて中に入った。

「失礼します」女子はお尻で罪を償う

 中には職員の女性が2人いた。お仕置き官の水野と助手を務める福原である。福原が命じた。

「土下座して挨拶しなさい」

「はい」

 土下座なんてイヤだなあと思いながらも、千夏は土下座した。

「よろしくお願いします」

水野が命じた。

「立ちなさい」

「はい」

 千夏が立ち上がると、水野が正方形型のお仕置き台を指して命じた。

「ここに乗って四つん這いになりなさい」

「はい」

 千夏はお仕置き台に乗って四つん這いになった。福原がガラス浣腸器を持って来て水野に渡した。

「浣腸の準備が出来ました」

「ありがとう」

 水野はお礼を言って浣腸器を受け取ると、千夏の肛門に挿入した。

「これから浣腸をするわよ」

 そう言って、水野は浣腸器のピストンを押して中の液体を千夏の体内に入れていった。一方、千夏は冷たい液体が体の中に入ってきて苦しそうな顔をしていた。浣腸器が空になった。

「ウンチがしたくなるけど、トイレに行かせないからね。我慢するのよ」

便意を催した千夏は肛門に力を入れて我慢した。だが、ついに我慢の限界に達した。

「もう我慢出来ません。お願いです。ウンチをさせて下さい」

 水野が福原に合図を送った。すると、福原が空の洗面器を持って来てお仕置き台に置いた。

「それがお前のトイレよ」

 水野が言うと、千夏は洗面器に跨って排便した。

  続

 野崎千夏は19歳になったばかりの女性である。彼女は高校卒業後大学に進学したが、3ヶ月で退学した。その後は働きもせずに実家でゴロゴロしている。そんな娘を母は心配している。

「千夏、アルバイトでもいいから働いて」

 年中このように言う母に嫌気がさして、最近は自分の部屋から出ないようにしている。母はついに決心した。

「千夏、お手紙が届いているわよ」

 そう言って、母は千夏に封書を渡した。

(誰からだろう)

 そう思いながら封書を受け取った千夏は、差出人欄を見て愕然とした。

(女子お仕置き所?どうして、こんな所から私宛にくるのよ)

「どうしたの?開ければ」

「う、うん」

 千夏は封を切った。中に入っていたのは出頭命令書だった。

「野崎千夏 以下の日時に○○女子お仕置き所に出頭せよ 日時 2xxx年1025日 13時」

 千夏は出頭命令書を母に見せながら言った。

「どうして、私に出頭命令書がくるのよ。お母さん、何かやったでしょう」

「うん」

 母はあっさり認めた。

「女子お仕置き所に『お仕置きの依頼』をしたのよ」

「どうして、そんな事をするのよ」

「あなたが心配だからよ。このままだとあなたはダメになるわ。だから、お仕置きを受けて目を覚まして欲しいのよ」

「家でゴロゴロしているのが、そんなに悪い事なの?」

「それ自体はそんなに悪い事じゃないわ」

「だったら、どうして?」

「今はお母さんやお父さんがいるからいいけど。私達が死んだらどうするの?」

「働くわよ」

「今まで働きもせずに過ごした人間を雇う程世の中は甘くないのよ。あなたはお金に困って、犯罪に手を染めるわ。お母さんはあなたにそうなって欲しくないのよ。ねえ、分かって」

 千夏は少し考えて言った。

「分かったわ」

 出頭日当日、千夏は女子お仕置き所の建物に入った。

(受付はどこかしら?あった)

 千夏は受付に行った。「すみません。出頭命令書が届いたのですが」

「名前は?」

 同じ年齢位の受付嬢が不愛想に聞いた。

(感じ悪いな)

 千夏は不快に感じながら答えた。

「野崎千夏です」

 受付嬢がパソコンに千夏の名前を打ち込んだ。

「ここは初めてね?」

「はい」

「ロッカールームに行って、下半身は靴と靴下以外は脱ぎなさい。あ、ストッキングを穿いていたらそれも脱いでね。その後待合室に行きなさい」

「はい、分かりました」

 千夏はロッカールームに行った。使用されていないロッカーを開けて、ズボンとパンツを脱いだ。バッグと今脱いだ物をロッカーにしまうと、ロッカールームを出て待合室に向かった。

(お尻丸出しで歩くなんて恥ずかしいよ)

 千夏は恥ずかしくて堪らなかった。家以外でお尻を出して歩くのは初めてである。いや、家でもお尻を出して歩く事などない。

 待合室では数人の女が一列になって、壁に向かって正座させられていた。皆千夏と同じようにお尻丸出しである。彼女達の反対側では後頭部で両手を組んだ女達が、やはり壁に向かって立っていた。そのお尻はどの女も真っ赤に腫れ上がっていた。恐らく、お仕置きを終えた女達なのだろう。そのお尻を見て、千夏は恐怖で震えた。

(私のお尻もこんな風にされるの?怖いよ)

「お前も正座しなさい」

 千夏は職員に命じられた。この時、初めて職員がいる事に気付いた。

「はい」

 千夏は床に正座した。

 続

「いくわよ」

 お仕置き官の金井は真樹のお尻に籐笞を振るった。

 ビシッ!

「キャアア!痛い!」

「痛い?どこが?」

「お尻です」

 バシッ!

「どうして、お尻が痛いの?」

「笞で打たれているからです」

 ビシッ!

「どうして、お前は笞でお尻を打たれているの?」

「電車の中でマナーの悪い女に注意して、土下座させたからです」

 この答に被害者達は腹を立てた。

 バシッ!

「自分は悪くないと思っているみたいね」

「はい、私は悪くありません。悪いのは、ここにいる女達です!」

「何ですって」

「頭にくるわね」

 被害者達は怒りの声を上げた。

「皆様、落ち着いて下さい」

 助手を務める武藤が被害者達を宥めた。

 ビシッ!

「どうして、あの人達が悪いと思うの?」

「あの女達は電車の中で携帯電話を使ったり、荷物を座席や床に置いたり、化粧や食事をしたりしました。いずれも、してはいけない事です。だから、私は注意をしたのです」

 バシッ!

「確かにマナー違反ね。でも」

 ビシッ!

「土下座をさせるのはやり過ぎよ」

「してはいけない事をしたのだから、土下座して謝るのは当然です」

 バシッ!

「お前は他人の落ち度に付け込んで、土下座を強要したのよ」

ビシッ!

「お前は正義の味方なんかじゃないわ」 

 バシッ!

「お前はただの犯罪者よ」

 パチパチ

 被害者の間に大きな拍手が起こった。

 ビシッ!

「私は正しい事をしたのです!犯罪者なんかじゃありません!」

「お前が犯罪者だという事を」

 バシッ!

「分からせてあげるわ」

 ビシッ!

「お前のお尻でね」

 ビシッ!バシッ!ビシッ!

 ビシッ!バシッ!ビシッ!

「ウエーン!アアーン!ウワーン!」

 痛くて泣き叫ぶ真樹を、被害者達はいい気味と思いながら見ていた。

「自分は犯罪者だと認める?」

「認めます」

 ついに真樹は屈服した。

「だったら、『私は犯罪者です』と大きな声で言いなさい」

「私は犯罪者です」

「被害者の皆様に謝りなさい」

「グスン・・・すみませんでした・・・グスン」

 武藤が被害者達に聞いた。

「皆様、どうですか?この女を許せますか?」

「はい」

 全員が頷いた。

「許してくれるって。良かったわね」

 金井が真樹に言った。

「はい」

 この日のお仕置きはこれで終わった。だが、真樹は月に1回お仕置きを受けに女子お仕置き所に通わなければならない。歪んだ正義感はお尻を痛くする。

 続

↑このページのトップヘ